自転車の歴史について

今では当たり前のように普及している自転車ですが、そもそもの歴史は1818年にドイツで誕生したことが始まりでした。
しかしまだこの頃は現在のようにペダルをこいで進むという概念はなく、車輪を2つ並べた乗り物にまたがり地面下を足で蹴って進んでいくといった乗り物でした。
その後1861年に相手ペダルの付いた自転車が販売されるようになり、この頃には大量生産が始まりました。


また、初めは木で作られていた自転車ですが後に鉄で作られたものへと変貌を遂げます。
1880年代になると現在のサーカスで使われているような極端に前輪が大きなタイプの自転車が販売されるようになりましたが、ブレーキのかけ方によって前転宙返りなどをしてしまう危険性もあり大人しか、乗ることはできなかったようです。
1885年には車輪と車輪の間にチェーンが採用され、前輪と後輪の役割分担がしっかり決まり、現在の自転車の大きなモデルとなったそうです。


さらに実績には現在普及している自転車が次々と販売され、単純に足で漕いで進むだけではなくコンピュータを搭載して自動で進んでくれるものやライト付きのものなどが次々に普及するようになりました。
自転車の歴史というのはこれまでにも自動車の開発などにも大きく役立てられており、エレクトロニクス技術で現在のように非常に安全性も高く軽量化された自転車も販売するようになりました。
自動車づくりにも役立ってきた自転車はエコな乗り物として今後も大きな需要を持ち続けていくことでしょう。


※注目関連サイト
ピスト自転車などの事故が増えています。ロード仕様の自転車に乗っている方はご覧ください。自転車保険のサイトです → 自転車保険

Copyright © 2014 自転車の歴史 All Rights Reserved.